ハゲを治す方法はフィンペシアだけじゃない おすすめセットで効果倍増

ハゲを治す方法はフィンペシアだけではありません。
フィンペシアは確かに高いAGA治療効果を持ちますが、それでも薄毛を治すためには長い時間がかかります。
より効果を出すために、他の方法やおすすめの治療セットについて紹介します。

フィンペシアでハゲは治せるか?

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)を治すために非常に有効とされる「フィナステリド」を主成分とする育毛剤です。

また、同じ効果を持つ「プロペシア」と比べ価格が安いのも魅力のひとつ。
ハゲにお悩みの男性諸君から大変な好評を博しています。

「そんなに効果があるのなら、フィンペシアでハゲが治せるかな?」そんな期待を抱いてこの薬を手にとる方も多いでしょう。

しかし、そう簡単にハゲを治すことはできません。

育毛薬ひとつですぐに治るようなものなら、街中で薄毛の人を見かけることもそうないでしょう。

また、これほど多種多様な薄毛関連商品が販売されるはずもありませんよね。

ただ、勘違いしてはいけないのは、「フィンペシアでハゲは治せない」のではなく、「フィンペシアだけでハゲを治すのは難しい」ということです。

このページではその理由や対策について、詳しくまとめています。
ひとつずつしっかりと確認して、自分に合った効果的な治療法でハゲを治しましょう。

発毛の可能性はあるが治療効果は人による

フィンペシア(フィナステリド)の服用は、AGA治療でまず抑えておくべき非常に効果的な治療法です。

AGA由来の抜け毛であれば、長期的な使用によって一定の発毛効果が期待できるでしょう。

しかし、他の薬と同じようにフィンペシアにも「効きやすい人」と「効きにくい人」がいます。
それは体質的なものだけでなく、ハゲの進行具合や年齢などによっても違ってきます。

フィンペシアが効きやすい人の場合、「3ヶ月ほどで成果を感じられた」という方もいます。
ですが、多くの利用者は半年以上の継続服用でやっと。
効きにくい人の場合は数年続けてようやく、という場合もあります。

フィンペシアだけでハゲを治すのは大変

他でも何度も触れていますが、ハゲを治すためには長期的にフィンペシアを飲み続けなければいけません。
「何年も飲み続けて、現状維持がやっと」という人さえいます。

これはフィンペシアだけに限らず、薄毛治療そのものに言えることです。

どんなことでもそうですが、変化が乏しい状況で何かをやり続けるというのは辛いものです。

例えば、ダイエットに挑戦した際に、体重がなかなか落ちないとやる気を失ってしまいますよね。

薄毛治療も同じです。
目に見える形で良い変化が確認できないと、治療を続けるモチベーションをキープするのは難しいでしょう。

それにくわえて、「初期脱毛(治療の初期に抜け毛が増える現象)」などの壁もあります。
人によっては、これがひどい人、あるいは複数回ある人もいるので、そこで挫折するケースも非常に多くなっています。

このようにハゲの治療は一筋縄ではいきません。
「フィンペシアだけでハゲを治すのは大変」。
そう言わざるを得ないでしょう。

薄毛治療にはいろいろな方法があるが…

世に出回っている薄毛治療にはいろいろな方法があります。
「どれをやったらいいの?どれがおすすめ?」という声もよく聞きますよね。

いろいろな治療法があるということは、一見よいことのような印象も受けま。

しかし実際には逆で、どの方法も決め手にならないから、たくさんの治療法があるのです。

つまり「どれをやったら」ではなく、できるかぎり「どれもやった」方が良いと言えます。

もちろん、なかには重複してできない方法もありますし、経済的、時間的な制限もあるでしょう。

ただ、一緒に実行して問題のない対策であれば、並行しておこなうことによってより高い効果が期待できます。
自分の生活に無理のない範囲で、可能な限り試してみましょう。

特におすすめしたい方法を下記にピックアップします。
基本的に優先度の高い順になっているので、上から優先してできるだけやってみてください。

□フィンペシア(フィナステリド)を服用する。
□ミノキシジルを併用する。
□育毛シャンプーを併用する。
□頭皮の環境を整える(スカルプケア。血行が悪い場合、頭皮マッサージなども◎)。
□生活習慣の改善(食生活を含む。育毛サプリなどの使用も有効。)。

上記にあげた方法については、「フィンペシアが効かない」ページで詳しく紹介しています。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

フィンペシアが効きにくい人

フィンペシアのみでハゲを治すのは容易ではありません。
そして先に述べたとおりフィンペシアには「効きやすい人」と「効きにくい人」がいます。

フィンペシアが「効きやすい人」はいいのですが、「効きにくい人」は注意が必要です。

なぜなら、自分がそうだと認識していない場合、フィンペシアが効いてくる前に服用を止めてしまう可能性が高いからです。

フィンペシアの効果が実感できるタイミングは、通常は服用から半年経過後と言われています。

そのため、半年使い続けて効き目が現われないと、そこでフィンペシアの使用をストップしてしまう人も多いのです。

「フィンペシアが効きにくい人」はやはり効きはじめも遅く、なかには1年以上かかるケースもあります。

その場合「もう少し飲み続けていれば効果が出たはずなのに

途中で服用をやめてしまった」ということになります。

これは非常にもったいないですよね。
したがって、そんなことにならないように、自分がどちらのタイプなのか確認しておくことが重要です。

それでは、どういった人が「効きにくい」のでしょうか?

【遺伝的にハゲやすい体質】ハゲやすい=ハゲが治りにくい

フィンペシアが効きにくい人には、大きく分けて先天的な要因(遺伝による体質)と後天的な要因(生活習慣による不健康)が考えられます。

とりわけ前者の影響が強く、これは「ハゲやすい体質」とも言えます。
つまり「ハゲやすい=ハゲが治りにくい」という式が成り立つのです。

どうして、そんなことになるのでしょうか?
その理由を具体的にみてみましょう。

ハゲを治すのが難しい体質とは

具体的にどういった体質がハゲの原因なのかというと主に下記の2つがあげられます。

□AGAの原因である「5aリダクターゼ」が多いフィンペシア(フィナステリド)はAGAの原因物質である「5aリダクターゼ」の分泌を抑えることによって、抜け毛を防ぎ頭皮の育毛サイクルを改善します。
※詳しくは効果のページで解説しています

つまり「5aリダクターゼ」が多い体質の人はハゲやすく、フィンペシアの効果が追いつきません。
すると結果的に「フィンペシアが効きにくい」ということになるのです。

□頭皮の血管が細く血行が悪い。
髪の毛が健康に成長するためには、頭皮の血行も非常に大切な要素です。
頭皮の血流が活発になっていると、髪を作る栄養分が全体に行き渡り毛母細胞の分裂も活性化されます。
逆に頭皮の血管が細かったりすると血行が悪くなり、この働きが十分に行われません。
フィンペシアはこの働きに関しては何の作用もないので、こういった体質の人は「フィンペシアが効きにくい」ことになります。

上記2つは、フィンペシアが生え際やM字ハゲに効きにくい原因でもあります。
つまり、体質的にハゲやすい人は頭皮全体が生え際のようなものと言えるでしょう。

これらは両方とも遺伝する性質です。
そして、一般的には体質を薬で変えることはできません。

以上のような理由から「ハゲやすい体質=ハゲが治りにくい体質」と言えます。
該当する方にとっては目を背けたくなるような事実かもしれません。
しかし、より効果的な治療のためにこちらもきちんと確認しておきましょう。

AGAのチェック方法(AGAのリスクが高い=5aリダクターゼが多い)。
□近親者にハゲの人がいないか確認する。
□AGA検査キットを使ってAGAリスクを調べる(別ページ参照)。

頭皮の血行のチェック方法。
□頭皮に指をあてて動かしてみる(血行が悪いと頭皮が固くなるので、あまり動かせません)。
□頭皮の色を見てみる(健康な頭皮は青白い色をしています)。
□頭皮を指で押してみる(血行が良ければ押した部分が赤くなります)。

フィンペシアが全く効かない人は?

フィンペシアの口コミや体験談で、「フィンペシアが全く効かなかった」という意見を見かけたことはないでしょうか?

フィンペシアはAGAにのみ効く治療薬です。
脱毛症の原因がAGA以外の場合は効かないこともあるでしょう。

しかし、男性の薄毛はAGAが原因となるケースがほとんどです。
また、フィンペシアのAGAに対する治療効果は医学的にも証明されています。
さらにAGA以外の脱毛症は特徴的な症状が多く、ある程度は判別可能です。
したがって「フィンペシアが全く効かない」というケースは考えづらいと言えます。

「フィンペシアが全く効かない人」は本当にいるのでしょうか?

「フィンペシアが効かない(効きにくい)原因」には先に紹介した例を含め様々なケースが考えられます。

おそらく「全く効かなかった」のではなく、「効いていたけれど、何らかの原因によって効き目が弱かった」だけではないでしょうか?

「効果が分からないくらい効き目が薄かったのなら、効かなかったのと同じじゃないの?」こんなふうに思う方もいるかもしれません。

しかし、「効き目が0」と「効き目が1」では全く違います。
0はいくらやっても0ですが、1は積み重ねれば効果を

実感できるレベルに到達する可能性があるのです。

ミノキシジルと育毛シャンプーの併用でハゲを治す!

薄毛治療には非常に長い時間がかかること、そしてフィンペシアが効きにくい場合もあることから、フィンペシアだけでハゲを治すのは難しいと言えます。

前述のとおり、他の方法を併用しながら治療にあたると良いでしょう。

単体では効かなくても併用によって効果を感じられるケースがある

フィンペシアと併用する方法で一番におすすめしたいのは、やはり「ミノキシジル」です。
こちらは頭皮の血管を拡張して血行を促す作用があるので、体質的に血管の細い人にも効果的です。

ツゲイン2%

4.6
  • 内容量: 1箱60ml
  • 有効成分: ミノキシジル
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

2箱 7,960円 7,204円

ツゲイン2%のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

次に検討したいのは、「ケトコナゾール配合の育毛シャンプー」です。
抗真菌薬であるケトコナゾールは頭皮環境を整えると同時に、DHTを抑制する作用も持っています。
頭皮環境の改善はAGA治療においても大きな柱のひとつ。
AGA治療を補助するサポート役としてぜひ併用したい商品です。

デノンシャンプー

4
  • 内容量: 1箱50ml
  • 有効成分: ケトコナゾール
  • 製薬会社: ジードラッグス
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

2箱 3,960円 2,604円
3箱 5,940円 3,065円
5箱 9,900円 3,804円
7箱 13,860円 4,716円

デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

先に「フィンペシアが全く効かないケースは考えにくい」と述べました。
つまり「効き目は0ではない」ということです。

したがって、フィンペシア単体では十分な効果を得られなかったという方でも、上記のような製品との併用によって成果を実感できるようになるケースがあるのです。

お得な薄毛治療ジェネリックセットがおすすめ

上記で紹介した「ミノキシジル」と「育毛シャンプー」が、フィンペシアとセットになっているお得な商品があります。

「薄毛治療ジェネリックセット」といいますが、その名のとおりジェネリック医薬品のセットなので経済的な負担が軽くて済みます。

薄毛治療はなかなか効果を実感しにくいため、フィンペシアに加え複数の商品を併用するのがおすすめです。

例えば、このセットに含まれる3つの商品をひとつずつ試していくとしましょう。
もしかすると単体では効き目が弱くて「効かない商品」という評価を下してしまうかもしれません。
しかし、一緒に使えば満足な成果が得られる可能性もあるのです。

「フィンペシアだけでハゲを治すのは難しい」。
このことをしっかりと心に留め、最初から最善の治し方で薄毛治療にあたりましょう。

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプー

  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

フィンペシア 3,980円 カートに入れる
ツゲイン 3,980円 カートに入れる
デノンシャンプー 1,980円 カートに入れる

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。