フィンペシアと育毛シャンプー 併用によって育毛力UPの強力タッグ!

フィンペシアは育毛シャンプーと併用すると、より効果的です。
育毛には健康な頭皮環境も大切な要素と言えます。
せっかく薄毛治療に挑戦するなら、少しでも効果を高めたいものですよね。
おすすめの育毛シャンプーの紹介とともに、フィンペシアと併用するメリットについて詳しく紹介します。

なぜフィンペシアと育毛シャンプーの併用が効果的なのか?

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)対策の医薬品として、まっさきに候補にあがる育毛薬のひとつです。

フィンペシアの主成分「フィナステリド」の発毛効果は医学的にも実証済み。
世界中の薄毛男性から親しまれている発毛剤と言えます。

しかし、そんなフィンペシアでも、すぐに育毛効果が得られるわけではありません。
薄毛の治療にはどうしても長い時間がかかります。

そのため、思うようにフィンペシアの効き目を実感できないと、育毛治療の途中で挫折してしまう人も多く見受けられます。

他のページでも、フィンペシアと「ミノキシジル」の併用を、よくおすすめしているのはそのためです。

上記の併用は薄毛改善に抜群の育毛効果を発揮しますが、それでもまだカバーしきれない部分もあります。
ズバリ、頭皮環境です。

正常なヘアサイクルを取り戻し、健康な髪の毛を手に入れるためには、頭皮環境を整えることも必須要素となります。

そこで育毛シャンプーの出番となるわけですね。

「なぜ、フィンペシアと育毛シャンプーの併用がおすすめなのか?」。
「おすすめの育毛シャンプーとはどんなものなのか?」。
このページでは、このような疑問に答えつつ、フィンペシアと育毛シャンプーの併用について詳しく紹介します。

フィンペシアだけでハゲを治すのは難しい

「フィンペシアだけでハゲを治すのは難しい」。
当サイトでは何度もこういった主旨の意見を述べています。

これは上記で触れたとおり、健康な髪の育毛には長い期間が必要となるためです。
しかし、それだけではありません。

もうひとつの大きな理由は、フィンペシアがAGA由来の脱毛症にしか効かないからです。

薄毛はさまざまな要因の積み重ねによって引き起こされます。
AGAは男性の薄毛原因の中で最たるものですが、実はそれ以外の脱毛症を併発しているケースも多いのです。

その場合には、「フィンペシアが効かない」、あるいは「フィンペシアが効きにくい」ということが考えられます。

シャンプーが原因になる脱毛症もある

AGA以外の脱毛症には、頭皮環境の悪化が主な原因となるケースがあります。

そういったケースの脱毛症状は、主に次の3つになります。
※詳しくは「フィンペシアが効かない原因」ページで紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

脂漏性脱毛症(しろうせいだつもうしょう)。
頭皮の皮脂量が多すぎる時に起こる脱毛症。
真菌(マラセチア菌)が繁殖して、頭皮に炎症を引き起こします。

粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)。
頭皮が乾燥しすぎると起こる脱毛症。
真菌(マラセチア菌)が繁殖して、頭皮に炎症を引き起こします。

白癬脱毛症(はくせんだつもうしょう)。
水虫などの原因でもある白癬菌による脱毛症。
人やペットから感染して、ひどくなると頭皮がはれてしまいます。

上記の脱毛症は髪の毛の洗い方や洗う頻度にくわえ、頭皮に合わないシャンプーの利用などにも原因があると言われています。
これらの脱毛症は、フィンペシアが効きません。

また、見てのとおり全て「菌」によって引き起こされる症状です。

つまり、フィンペシアではなく、抗菌作用のある育毛シャンプーが非常に有効な対策となります。

とりわけ「脂漏性脱毛症」は、皮脂の分泌を促すAGAと併発するケースが多いので積極的に取り入れた方が良いでしょう。

育毛シャンプーによって頭皮環境を改善すると

健康な髪の毛の育毛にとって、過剰な皮脂は大敵です。
頭皮の皮脂が多すぎると雑菌が増えやすくなり、炎症などさまざまな悪影響を及ぼします。

それでは皮脂が少なければいいのかというと、それも違います。

頭皮の皮脂は、「刺激から皮膚を守る」「保湿により肌を健康な状態に保つ」などの大切な役割も果たしています。

そして、頭皮の「雑菌」についても、皮脂と同じことが言えます。

「雑菌」にも「善玉」と「悪玉」があります。
そして、健康に良い影響を与える「善玉菌」であっても、増えすぎると頭皮環境の悪化につながってしまいます。

つまり、「頭皮の皮脂と雑菌を適切な量に保つ」ことが重要です。

この後に紹介する「ケトコナゾール配合の育毛シャンプー」は、強い抗菌作用がありま。

したがって必要以上に使うと、皮脂や菌が減りすぎて逆効果になりかねません。

また、それを補おうとして、皮脂の分泌が過剰に促されてしまうことも考えられます。

しかし、育毛シャンプーはルールを守り、自分に合った使用間隔で利用すれば問題ありません。

育毛シャンプーで頭皮の皮脂をうまくコントロールすると、頭皮環境の改善につながります。

すると、上記であげたような脱毛症の防止はもちろん、AGA治療の効果アップも期待できるのです。

育毛シャンプーはケトコナゾール入りの商品がおすすめ

「フィンペシアだけでは薄毛治療は難しいので、ミノキシジルにくわえ、育毛シャンプーも併用しましょう。」上記でこのように述べました。

しかし、一口に「育毛シャンプー」といっても、世間には育毛をうたうシャンプーがたくさんありますよね。

「いったいどの育毛シャンプーを使えばいいの?」と、お悩みの方も多いでしょう。

フィンペシアと併用するにあたって、当サイトがぜひおすすめしたい育毛シャンプーがあります。

それは「ケトコナゾール配合の育毛シャンプー」です。

「ケトコナゾールとはどういう成分なのか」そして、「なぜそのシャンプーがおすすめなのか」こんな疑問について詳しく紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

ケトコナゾール配合の育毛シャンプーの効果とは

ケトコナゾールは、主に水虫やカンジダ症などの感染症の治療に使われる抗真菌薬のひとつです。

「ニゾラールシャンプー」という商品がありますが、これはケトコナゾール入りシャンプーのことです。
「ニゾラール」は商品名ですが、ケトコナゾールの通称としても使われるので別の成分だと誤解しないように気をつけましょう。

この育毛シャンプーの、薄毛治療における主な育毛効果は下記の2つになります。

抗菌作用で頭皮環境を正常にする。
ケトコナゾールは、脂漏性皮膚炎の治療薬としても用いられます。
「脂漏性脱毛症」と「粃糠性脱毛症」は脂漏性皮膚炎になるので、ケトコナゾールの使用は非常に有効と言えます。

脂漏性皮膚炎は、皮膚の常在菌であるマラセチア菌が原因となっています。
ケトコナゾールはこの菌を抑える抗菌作用があり、頭皮環境の改善が期待できます。

2015年に発表された下記の資料でも、「ケトコナゾールの脂漏性皮膚炎への効果」が示されています。

参考資料:2015年 コクランスキングループ

上記を簡単に要約すると下記のようになります。
「ケトコナゾールは最も研究の進んでいる抗真菌薬のひとつ。
この実験では、高い抗菌作用のあるステロイドと同等の効果が確認されました。
さらに、その副作用はステロイドより44%も少ない結果となりました。
まだ研究が不十分ですが、現時点では有効性の高い抗真菌薬と言えるでしょう。」

ケトコナゾールは水虫などにも使われるので、白癬菌による「白癬脱毛症」にも、もちろん効きます。

また皮脂の分泌をおさえる働きもあるので、頭皮環境を整えるために、もってこいの成分と言えるでしょう。

男性ホルモンに作用してDHTの増加をおさえる。
ケトコナゾールは、AGAの原因物質であるDHTの増加を抑える働きもあるとされています。

DHTの増加を防ぐ効果というと、フィンペシア(フィナステリド)と似ていますね。

しかし、それぞれに作用するホルモンが異なるため、バッティングして問題が起こる心配はありません。

ケトコナゾールのAGAに対する有効性は、日本皮膚学会の下記資料でも推奨ランクC1として評価されています。

参考資料:日本皮膚学会「男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)」

フィナステリドやミノキシジルはAランクなので、これらよりは低い評価ですね。

しかし、これは男性型脱毛症における推奨ランクです。
上記であげた、頭皮環境による脱毛症も含めた治療効果であれば、もっと高い評価になるでしょう。

ケトコナゾール入り育毛シャンプーの注意点

ケトコナゾールには副作用もいくつか報告されています。
育毛シャンプーなど外用剤として使う場合、そのリスクは低いと言われていますが、念のため注意しておきましょう。

ケトコナゾールの主な副作用。
□刺激感。
□かゆみ。
□炎症。
□みずぶくれ。
□発疹。
□じんましん。
□頭痛。

上記のような症状が現われた時は、使用をいったんストップして様子をみてください。
もしも、症状が重い場合は病院で診察を受けましょう。

またケトコナゾールは、胎児に悪影響を与える可能性が指摘されています。
女性、特に妊婦や授乳婦は使用を控えましょう。
これはこどもの場合でも同じです。

その他、アレルギーのある方や、皮膚の弱い方は十分に注意しながら慎重に利用するようにしましょう。

ケトコナゾール入り育毛シャンプーは、週に1~3回くらいの頻度での使用が推奨されています。
しかし、頭皮環境も個人差が大きいものです。
最初は使う間隔を長めに空けて、自分に合った最適な間隔を探しながら利用するようにしましょう。

ケトコナゾールシャンプーはどこで買える?

ケトコナゾール配合シャンプーは、国内では市販されていません。

日本で入手する場合、医師に処方してもらうしかありませんが、コスト的に高くついてしまいます。

そのため、ケトコナゾールシャンプーは、個人輸入代行サイトから購入するのが良いでしょう。

当サイトでおすすめする「@通販」さんなら、偽物の心配などもなく、お手頃価格で買うことができます。

現在、フィンペシアやミノキシジルを使用中という方は、ぜひ一度試してみてください。

デノンシャンプー

4
  • 内容量: 1箱50ml
  • 有効成分: ケトコナゾール
  • 製薬会社: ジードラッグス
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で3月2日(金)に届きます。

1箱1,980円 カートへ
2箱3,960円2,604円 カートへ
3箱5,940円3,065円 カートへ

デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートへ」ボタンから決済画面にお進みください。

フィンペシアと育毛シャンプーを併用するメリット

上記で述べたとおり、ケトコナゾール配合の育毛シャンプーは、AGA治療において非常に有効なシャンプーです。

しかし、それはあくまで「育毛シャンプーの中では」ということ。
フィンペシアやミノキシジルと比べてしまうと、その有効性は弱く、単体での発毛効果はあまり期待できません。

しかし、フィンペシアと併用するとお互いに足りない部分を補い合えるため、より高い効果を望めます。

その併用の有効性は下記の資料でも示されています。

参考資料:2002年 インド Lok Nayak病院

こちらはAGA治療に対する治療計画の比較研究です。
「フィナステリド」「ミノキシジル」「ケトコナゾール」を用い、下記4パターンの組み合わせで治療効果の比較を行っています。

1.フィナステリドとミノキシジル。
2.フィナステリドとケトコナゾール。
3.フィナステリド。
4.ミノキシジル。

上記は、良い結果を得られた順に並べています。
ミノキシジルとの組み合わせには負けていますが、フィンペシアとケトコナゾールの併用でも高い効果が実証されています。

育毛シャンプーで頭皮環境を整え、治療効果アップ

フィンペシアやミノキシジルは、AGAに対してとても強力な効果を発揮します。

しかし、頭皮環境が悪いとその育毛効果にもブレーキがかかり、十分な成果を期待できなくなってしまいます。

もちろん、頭皮環境が良いだけでは発毛効果は望めません。
ですが、頭皮環境が悪いと薄毛も進行しやすくなり、AGA治療も難しくなってしまいます。

そんな時は、やはり育毛シャンプーが効果的です。
育毛シャンプーで頭皮環境を整えれば、まずAGA以外の脱毛症の防止が期待できます。
さらに、AGA治療の育毛効果アップも望めるでしょう。

育毛シャンプーはフィンペシアのサポート役として

育毛シャンプーは単体ではAGAに対して大きな成果を望めません。

しかし、フィンペシアのサポート役として一緒に使うと、その効果を倍増させてくれるのです。

そしてフィンペシアとの併用については、やはりミノキシジルも外せません。

この3つを併用して薄毛治療を行うとすると…。

「フィンペシアでAGAの原因物質であるDHTをおさえ、」。
「ケトコナゾール入りの育毛シャンプーで頭皮環境を整えつつ、」。
「ミノキシジルで髪の毛の成長を促す」。

つまり、こういうことになります。
どうでしょう、すごく効きそうな気がしませんか?

当サイト推薦の「@通販」さんには、3つともバッチリ販売されています。

まとめて買えば7,000円以上になるため、送料も無料になって大変お得です。

「今ちょうどAGAの治療を考えている」という方は、このセットで薄毛治療をはじめてみてはいかがでしょうか?

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプー

  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で3月2日(金)に届きます。

フィンペシア 3,980円 カートへ
ツゲイン 3,980円 カートへ
デノンシャンプー 1,980円 カートへ

フィンペシア/ツゲイン/デノンシャンプーのご購入は、
上記の「カートへ」ボタンから決済画面にお進みください。