フィンペシアは女性に効果ナシ!女性向けの「ヘアフォーユー」がお勧め

フィンペシアは女性が使っても効果がありません。
とりわけ、妊娠中の女性が服用すると、 胎児に悪影響を及ぼす可能性があるので絶対にやめましょう。
また、この話題に関連して女性の薄毛ケアについて解説しています。
おすすめの女性用商品も紹介しているので、ぜひ検討してみてください。

フィンペシアは女性に効果がない?

フィンペシアは、薄毛治療に高い効果を発揮する「プロペシア」のジェネリック医薬品として人気を集めています。

近年では、薄毛に悩む女性が増えていると言われますが、フィンペシアは女性には効果がないとされています。
また妊婦が服用すると、胎児に重大な悪影響が懸念されるという話もあります。

それもそのはず、フィンペシアは男性用のAGA(男性型脱毛症)治療薬です。
このことは、フィンペシアの先発医薬品にあたる「プロペシア」の添付文書にも、次のように明記されています。

”男性における男性型脱毛症のみの適応である。他の脱毛症に対する適応はない。”

参考資料:プロペシア添付文書
http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00051088.pdf

女性と男性では体のつくりも違うので、男性専用の医薬品があっても不思議ではありません。

ただ、女性の薄毛が増えたとはいえ、やはり「薄毛」「はげ」といえば男性のイメージが強いでしょう。

そのため、男性用の薄毛治療薬というと、「すごく効きそう」と考える女性も多いのではないでしょうか?

そうなると「フィンペシアを使いたい」という女性がいても、おかしくありません。

「フィンペシアはどうして女性が使用できないのか?」。
「妊娠中の女性がフィンペシアの中身に触るのもダメといううわさは本当か?」。
「フィンペシアを服用中の男性との性行為は大丈夫なのか?」。
「女性の薄毛はどう対応すればいいのか?」。

このページでは、薄毛女性が気になるであろう上記のような疑問についても答えています。

女性の方はしっかりと確認して、女性に適したケアで薄毛治療にのぞみましょう。

女性に多い薄毛の種類

「フィンペシアはどうして女性が使用できないのか?」。
これは「女性はAGAにならないから」ではありません。

なぜなら女性にも男性ホルモンはあり、AGAになる可能性があるからです。

これは正確にいうとFAGA(女性男性型脱毛症)、あるいは「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

また、この症状は女性の薄毛原因の中で、もっとも多いとも言われています。

AGA以外の脱毛症の種類については、「フィンペシアが効かない原因」ページの、脱毛症の種類を知ってAGAを判別で紹介しているのでチェックしてみてください。

上記は女性であっても発症する脱毛症状ですが、そのほかに次の2つが女性の脱毛症として考えられます。

□牽引性(けんいんせい)脱毛症。
髪をしばることの多い女性が発症しやすい症状です。
髪の毛をきつくしばると頭皮が引っ張られ、血行が悪くなり脱毛が起こります。
しばっている付け根から局所的に薄くなるので、判別しやすいでしょう。

□分娩後脱毛症(産後の薄毛)。
出産後、ホルモンバランスが大きく崩れることによって

引き起こされる女性特有の症状です。
タイミングで判断できるので、こちらもすぐに分かるでしょう。

女性ホルモンが減るとFAGA(女性男性型脱毛症)になる?

女性の薄毛はFAGAのケースが多いとされています。
それではなぜAGA治療薬のフィンペシアが使えないのでしょうか?

「AGAならフィンペシアが効くんじゃないの?」このように疑問に感じる方も多いでしょう。

その疑問に答える前に、まずは基礎知識として女性のFAGAの仕組みについて簡単に知っておきましょう。

FAGAはAGAと違い、頭部全体の髪の毛が少しずつ薄くなっていきます。
これは女性ホルモン(エストロゲン)の影響です。

実はFAGAも男性ホルモンの「ジヒドロテストステロン(DHT)」が正常なヘアサイクル(毛周期)を阻害するという点は同じです。

しかし、女性は男性よりも女性ホルモンが多く分泌されます。

女性ホルモンはDHTの働きを抑えてくれるため、FAGAが発症しても全体的に、かつ緩やかに、薄毛が進行するのです。

つまり、なんらかの理由で女性ホルモンが減少すると、相対的に男性ホルモンが増え、DHTも十分に抑えられなくなります。
結果として、FAGAになってしまうというわけです。

女性は加齢とともに女性ホルモンが減っていきます。
更年期を迎えて薄毛になる女性が多いのは、この仕組みによるものと言えます。

女性には副作用のリスクが高い

上記で、女性が薄毛になるメカニズムについて簡単に紹介しました。
女性の薄毛について、女性ホルモンが重要な役割を果たしていることが分かったと思います。

そして、女性ホルモンというのは大変に不安定なものです。
女性には生理(月経)がありますが、この周期によっても女性ホルモンは激しく増減します。

生理中の女性は体調を崩したり、イライラしたりしがちですよね。

これは女性ホルモンの増減によって、ホルモンバランスが崩れたせいでもあります。

自然現象である生理でさえ、ホルモンバランスを崩し、体調不良を引き起こすのです。

男性ホルモンに作用するフィンペシア(フィナステリド)などを使用すれば、副作用が発症する危険性は男性の比ではないでしょう。

つまり、フィンペシアの利用は「女性には効果がない」というよりも、「効果よりも副作用のリスクが断然に高いので使わない方がいい」と言えます。

妊婦はフィンペシアに触るのも危ない?

フィンペシア(フィナステリド)は女性には効果がないとされています。
この件については上述のとおりです。

しかし、妊婦や授乳中の女性については添付文書の中で

下記のようにはっきりと禁止されています。

“5. 妊婦、産婦、授乳婦等への投与
(1)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないこと。〔「重要な基本的注意」の項参照〕
(2)授乳中の婦人には投与しないこと。〔本剤がヒト乳汁中へ移行するかは不明である。〕”

また、フィンペシアの錠剤はコーティングされていますが、この中身については触ることさえも禁止されています。

なぜ妊娠中や授乳中の女性は、フィンペシアの服用や接触が禁じられているのでしょうか?

妊娠中の女性に与える悪影響

添付文書の「重要な基本的注意」の項には、下記のように記載があります。

“(1)本剤を妊婦に投与すると、本剤の薬理作用(DHT低下作用) により、男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがある。”

つまり、妊娠中の女性がフィンペシアを使用すると、「赤ちゃんのホルモンに影響を与え、生殖器に異常が起きる可能性があるのでやめましょう」ということです。
授乳に関しては、「影響があるかはっきりとしていませんが、念のためにやめておきましょう」という状況です。

女性のフィンペシアの服用が推奨されないのは、この件も関係しているのでしょう。

触ることさえ危ない理由

妊婦や授乳中の女性は、フィンペシアの有効成分「フィナステリド」に触ってもいけません。
この件に関しては、添付文書には下記のように記載があります。

添付文書より抜粋。
“本剤が粉砕・破損した場合、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人及び授乳中の婦人は取扱わないこと。”

これは「フィナステリド」に皮膚から吸収されやすい性質があるからです。
医学的には経皮吸収と呼ばれ、この吸収率が高い成分は外用薬として利用される場合もあります。
フィンペシアの錠剤はコーティングされているため、通常はじかに触れるおそれはありません。

しかし、フィンペシアは「フィナステリド」の含有量が0.2mgでも効くと言われています。
そのため、1mg錠を分割して服用するケースもあるのです。
このケースでは、フィンペシアの中身がさらされてしまうので、近くの女性に影響を与えることがないように十分に気をつけましょう。

妊娠中の胎児への影響については、アカゲザルによる臨床実験が行われていますが、その実験では胎児への異常は確認されていません。

また実際の使用者についても、因果関係が確認された事例は今のところないようです。

しかし万が一の場合は、人一人の一生に係わります。

そう考えると、やはり妊娠中の女性や授乳中の女性は服用・接触しないに越したことはないでしょう。

フィンペシアを服用中の男性との性行為

女性はフィンペシアを使うこと、そして、触ることも避けた方が良い理由について説明しました。

それでは、フィンペシアを服用中の男性との性行為は問題ないのでしょうか?

なんとなく不安を感じる女性も少なくないでしょう。
また、男性側も「フィンペシアを飲んでいるけど、Hしてもいいのかな?」と心配する方もいるかもしれません。

キスしても大丈夫?

フィンペシアを服用中の男性とのキスはどうでしょうか?
恋人や夫婦間でよくキスをするという方は、「キスができない」なんてことになると大問題ですよね。

結論から言うと、「フィンペシアを服用中の男性とのキス」は全く問題ありません。

性行為で感染するイメージの強いHIV(エイズ)でさえ、1回の性行為(ここでは膣を使ったSEX)で感染する可能性は0.1%、粘膜接触にいたっては0.09%と言われています。

薬を服用することは、感染症とは違います。
感染症でさえその程度の確率ですから、服用した薬の成分が、唾液を介して他者に伝わる可能性まで考える必要はないでしょう。

精液に触れても問題ない?

フィンペシアを服用中の男性の精液はどうでしょう?
なんとなく危険を感じる方もいると思います。

これは、やはりHIVのイメージが強いのかもしれません。
しかし上記のとおり、そういった感染症でも一般のイメージほど感染率は高くはありません。
そもそも、薬の成分はウイルスや細菌とは違います。
服用した薬の成分が他人へ移るケースなど、そう簡単にはないのです。

確かに、フィンペシアの成分が精液に含まれる可能性は0ではありません。
添付文書の中にも次のような記述があります。

“男性型脱毛症患者にフィナステリド1mgを1日1回6週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)であった。”

しかし、見てのとおりごく微量です。
子作りをする場合を除いては、そこまで気にしなくても良いでしょう。

また、副作用のページでも紹介しましたが、フィンペシアの服用中の注意として、献血をしてはいけないというものがあります。

参考資料:厚生労働省 献血に関する問診票
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/2s/pdf/40.pdf

つまり血液に関しては、ある一定の注意が必要と言えるでしょう。
しかし精液については、どのような形で接触しても

理論上問題ないとされています。

ただそうは言っても、万が一の場合を考えると子作りは控えたいですね。
ただ、少なくとも子作りを目的としない(コンドームを着用した)SEXの場合は、問題となる可能性は低いと言えるでしょう。

奇形児・ダウン症の事例はある?

フィンペシア(フィナステリド)服用中の男性との性行為によって、奇形児が生まれた、あるいはそのこどもがダウン症になったという話があります。
これは本当でしょうか?

確かにそういった声は聞かれます。
しかし、その因果関係が医学的に証明された事例は今のところ報告されていません。

あくまで、「それが原因じゃないかな」と思っている使用者がいるだけです。

あえて言うまでもありませんが、奇形児やダウン症の原因は他にもたくさんあります。

例えば、高齢出産で奇形児やダウン症のリスクが高まるのはよく知られている話ですね。

つまり、こどもの健康については両親の生活習慣全般が複合的に関係するため原因の特定は難しいのです。

それでは、どうしてそういった話が出てきたのでしょうか?
「フィンペシア服用中の男性のこどもに異常が起きる」という話は、おそらくその副作用に「精力減退」や「精子の異常」があるためでしょう。
このような副作用と妊婦に厳禁というイメージから、そういったうわさが広まった可能性が考えられます。

このように現状では、このパターンでこどもに異常を引き起こす可能性は実証されていません。

しかし、その可能性を指摘する医療関係者の声もあり、将来に渡って危険性がないとは言い切れない状況です。

子作りは人の一生に係わります。
万が一の場合も考えて妊活中の方などは、フィンペシアの利用を控えるようにした方が良いでしょう。

女性の薄毛対策は女性向け「ヘアフォーユー」がおすすめ

これまで紹介してきたとおり、女性の薄毛対策にフィンペシアは使えません。
それは主成分が同じ「プロペシア」や「フィンカー」などでも同じです。

やはり、女性と男性では体の仕組みも異なるので、それぞれに適したケアが必要となってきます。

「ヘアフォーユー」とは

当サイトがフィンペシアの代わりに女性におすすめしたい育毛薬は、ズバリ「ヘアフォーユー2%(女性向け)」です。

ヘアフォーユーの主成分は「ミノキシジル」と「アミネキシル」。
「ミノキシジル」によって発毛を促し、「アミネキシル」により健康な髪の育毛を助けるとされています。

アミネキシルとミノキシジルの相乗効果

「ミノキシジル」については別ページで詳しく紹介していますが、非常に有効な薄毛治療薬として知名度も評価も抜群の成分です。

一方、「アミネキシル」は頭皮のコラーゲンが硬くなるのを防ぎます。
さらに、毛球の周りにある組織を活性化することにより、頭髪の健やかな成長を育むと言われています。

ヘアフォーユーはこの「ミノキシジル」と「アミネキシル」という異なる成分の相乗効果で高い育毛効果を期待されています。

女性の薄毛は女性用のケアを

女性の薄毛は、やはり女性用のケアをする必要があります。
確かに、男性用の治療薬の方が効きそうなイメージがあるかもしれません。
しかし、自分に合わない薄毛治療は効き目が期待できないばかりか、健康を害する可能性もあります。

最近では女性用のヘアクリニックなども増えてきていますが、まだまだ抵抗感の強い方も多いでしょう。

薄毛が気になる女性は、まずネットなどで十分に情報を集め自分に適したケアで治療に臨むようにしましょう。

ヘアフォーユー2%(女性向け)

4.6
  • 内容量: 1箱60ml
  • 有効成分: ミノキシジル、アミネキシル
  • 製薬会社: グレンマーク
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

2箱 7,560円 6,842円

ヘアフォーユー2%(女性向け)のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。