フィンペシアとフィンカーはどちらがいい?違いを理解して最適な薬を

フィンペシアでハゲ改善!のフィンペシアとフィンカーページのイメージ画像

フィンペシアとフィンカー。
両方ともAGA治療に人気の医薬品ですが、その違いはどこにあるのでしょう?
せっかく薄毛治療をするなら、少しでも効果のある薬を選びたいですよね。
ここではそれぞれを比較しながら、その違いについて紹介しています。
あなたにとって最適な薬を選ぶため、ぜひ参考にしてみてください。

フィンペシアとフィンカーの違いはどこ?

フィンカーもフィンペシアと同様に、AGA(男性型脱毛症)治療薬として、世界中から支持を集めている医薬品です。

「薄毛をなんとかしたい」と考え中の方の中には、「どちらを使えばいいか迷っている」という人もいるかもしれません。

そんな時、両方の違いを知らないと、どちらを選べばいいか分かりませんよね。
フィンペシアとフィンカーの違いはどこにあるのでしょう?

フィンペシアとフィンカーは良く似た薬ですが、やはり違いもあります。

ここでは、フィンペシアとフィンカーの違いに触れながら、それぞれの良い点、悪い点についても詳しく紹介します。

フィンカーはフィンペシアとどういう関係?

フィンペシアとフィンカーの主成分は両方とも「フィナステリド」。
そして、同じシプラ社によって製造されている医薬品です。

この2つの商品は有効成分が同じなので、AGAに対する作用にも違いはありません。

つまり「同じ会社から、同じような効果の商品が販売されている」ということになりま。

フィンペシアとプロペシアのページで、フィンペシアはプロペシアのコピー商品にあたると紹介しました。

それでは、フィンカーもプロペシアのコピーなのでしょうか?
全く的外れとは言えませんが、少し違います。

フィンカーもジェネリック医薬品として知られていますが、プロペシアではなく、プロスカーという商品のコピーになります。

プロスカーはAGA治療にも使われますが、もともとは前立腺肥大症の治療薬です。
この薬を投与した患者に発毛効果がみられたことから、AGA治療薬として転用された商品がプロペシアになります。

つまり、プロスカーは前立腺肥大症のための薬。
プロペシアはAGA治療用の薬ということです。

したがって、フィンカーは前立腺肥大症のための薬。
フィンペシアはAGA治療用の薬ということになります。

このように、プロスカーもフィンカーも本来の用途は前立腺肥大症の治療です。
ただ、AGA治療にも使えるので、その目的で利用する人も多くいます。

もともとの使用目的が違うのなら、同じ会社から同じような効果を持つ薬が販売されてもおかしくないですね。

以上のことから、プロスカーとプロペシアは親子のような関係と言えます。
それぞれのコピー商品である、フィンカーとフィンペシアも似たような関係と言えるでしょう。

フィンカーのフィナステリド含有量は5mg

フィンカーとフィンペシアの違いは、本来の使用目的だけではありません。

それはフィナステリドの含有量にあります。
それぞれ1錠あたりのフィナステリドの含有量は、フィンペシアが1mg、フィンカーは5mgとなっています。

この違いは、治療対象の違いによるものと言えます。
つまり、AGA治療に最適なフィナステリドは1mg、前立腺肥大症治療に最適なフィナステリドは5mgということです。

フィナステリドをAGA治療に利用する場合、1日の摂取上限量は1mgとされています。

フィンカーのフィナステリド含有量は1錠あたり5mgなので、AGA治療目的で服用する場合は、錠剤を割って使う必要があります。

ここがフィンペシアとフィンカーの違いで特筆すべき点のひとつです。

フィンペシアとフィンカーに関する気になるウワサ

「フィンカーの方がフィンペシアよりも効く」。
「フィンペシアよりもフィンカーの方が副作用が大きい」。
フィンペシアやフィンカーの口コミ・体験談などをチェックすると、こんなウワサを見かけることがあります。

前述のとおり、フィンペシアとフィンカーは親子のような関係です。

本当にそんなことがあるのでしょうか?
すごく気になりますよね。

ここではフィンペシアとフィンカーの効果や副作用について、詳しくみてみましょう。

フィンカーはフィンペシアよりも効果が強い?

先に述べたとおり、フィンカーとフィンペシアは、両方とも「フィナステリド」が主成分です。

この有効成分の働きによって、AGAの原因である「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加が抑えられ、脱毛症状が改善されます。

つまり本来はフィンペシアとフィンカーの効果に違いは出ないはずなのです。

それでは、フィンカーの方がフィンペシアよりも効く場合、どんなケースが考えられるでしょうか?

先に、フィンカーは錠剤を分割して服用すると説明しました。
フィンカーのフィナステリド含有量は5mgですから、その摂取量を1mgにするためには錠剤を1/5に割る必要があります。

しかし錠剤を1/5に割るのは難しいため、1/4にして服用している人もいるようです。

そうすると、フィナステリドを1.25mg服用することになりますね。
フィンペシアの含有量は1mgですから、もしかするとこれが理由かもしれません。

AGAの治療目的でフィナステリドを服用する場合、1日の摂取上限は1mg以内です。
そして、それ以上に飲んでも効き目は変わらないとされています。

しかし、フィンペシアの先発医薬品であるプロペシアには、フィナステリド含有量について通常の1mgタイプの他、0.2mgタイプの錠剤もあります。

これは、0.2mg錠剤でも治療効果が得られるという理由からですが、この2種類の効果に差がないのであれば1mg錠剤はいりませんよね。

つまり、0.2mgよりも1mgの方が高い効果を得られるのであれば、人によっては1mgよりも1.25mgの方が効く可能性も考えられます。

しかし、これはあくまで可能性の話であって、医学的に実証されているわけではありません。

このケースでは効果が高まる可能性よりも、むしろ副作用を引き起こす危険性の方が大きくなるでしょう。

フィンカーは副作用が大きい?

「フィンペシアよりも、フィンカーの方が副作用が大きい」。
このウワサについても、効果と同じ理由の可能性があります。

フィンカーを1/4に割って飲んだ場合は、フィナステリドが1.25mgになり、摂取上限量の1mgを超えてしまいます。
当然、副作用のリスクは高くなるはずです。

また他の可能性としては、フィンカーの錠剤を割ったまま、長く放置したケースが考えられます。
このケースでは、コーティング剤が役目を果たさなくなってしまいます。
すると、薬の成分が変質・劣化することもあるでしょう。
そんな薬を飲めば、思わぬ異常が起きてもおかしくありませんよね。

いずれにしても、この副作用のウワサを裏付ける学術的なデータは皆無です。
あくまで「そう感じた人もいる」というだけの話で、特に気にする必要はないでしょう。

フィンペシアとフィンカーを徹底比較!どちらを使えばいい?

フィンペシアとフィンカーは主成分が同じなので、「効果や副作用はほぼ同じ」と考えて差し支えありません。

しかし、それではどちらを使えばいいか判断できませんよね。

ここではフィンペシアとフィンカーを比較した時、それぞれのメリットやデメリットについて掘り下げて解説します。

【フィンカーのデメリット】錠剤を分割する手間がかかる

上記でも触れたとおり、フィンカーをAGA治療に利用する場合は錠剤を分割しなければいけません。

なぜなら、フィンカーにはフィナステリド5mg含有タイプの錠剤しかないからです。

この場合、フィナステリドの摂取上限量は1mg/日になるので、錠剤を5分割することになります。

この錠剤の分割に関する注意点について、次にまとめてみたので確認してみましょう。

錠剤をうまく割ること自体が難しい。
そもそも、錠剤を均等に割ること自体がなかなか難しい作業と言えます。
うまくやらないと錠剤が粉々に砕けてしまいますし、均等に割らないとフィナステリドの含有量にもバラつきが出てしまいます。
カッターナイフでも分割できますが、ピルカッターを使った方が割りやすいので、4分割する方はこちらを利用するのも良いでしょう。

ピルカッター

4.3
  • 内容量: 1箱1個
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で3月2日(金)に届きます。

1箱750円 カートへ

ピルカッターのご購入は、
上記の「カートへ」ボタンから決済画面にお進みください。

均等に5分割することはさらに難しい。
錠剤を均等に5分割するのはさらに難しい作業です。
しかし、4分割では1.25mgになり副作用のリスクが高まるのでできれば5分割にしたいところですね。
4分割であれば縦横にカットすれば済むので、ピルカッターも使えます。
しかし5分割の場合、ピルカッターは使いにくいでしょう。
くわえて目分量で5分割ではなかなか均等にはいかないので、なんらかの指標が必要となってきます。
今はケーキの分割に使うアプリなどがあるので、こういったツールを利用するのも良いかもしれません。

女性やこどもに触らせないように注意が必要。
詳しくは「女性」のページで紹介していますが、フィナステリドは女性やこどもに悪影響を及ぼす可能性があります。
しかも、この成分は経皮吸収(皮膚から吸収)される性質があるので、錠剤を割った時には特に注意が必要となります。
そのままであればコーティング剤がガードしてくれますが、錠剤を割るとその断面から直接その成分に触れるケースも考えられます。
身近に女性やこどもがいる方は十分に気をつけましょう。

錠剤を分割するのは服用の直前が望ましい。
「錠剤の分割がそんなに面倒なら、まとめて一気に割っておこう」。
このように考える方も多いと思います。
しかし、錠剤を割るとその断面にはコーティング剤がないので、そのまま外気に触れることになります。
すると、成分の劣化や変質の原因となるばかりか、他の人間が触れるリスクも出てきます。
上記で説明したとおり、女性やこどもがフィナステリドにじかに触ると危険です。
そのケースが想定される方は特に気をつけましょう。
以上のことから、フィンカーは服用直前に割ることが望ましいと言えます。

他の部分からも吸収されてしまう可能性がある。
錠剤のコーティングには、有効成分を浸透させる場所をコントロールする役目もあります。
フィンカーの錠剤を割ると成分が断面から溶け出して、口内や喉などから吸収されてしまう可能性も想定されます。
すると、効き目にも微妙に影響を及ぼしてしまうかもしれません。
したがって分割したフィンカーは、口の中に留めずに一気に流し込むようにしましょう。

このように、フィンカー錠剤を割るのも楽ではありません。
それではどうしてフィンペシアではなく、フィンカーを使う人がいるのでしょうか?

【フィンカーのメリット】今、最も安いフィナステリド錠

フィンカーを使う理由は、ズバリ「安さ」でしょう。
錠剤を割るのは非常に面倒な作業ですが、その手間を差し引いても価格面でのメリットが大きいのです。

具体的にあげてみると、フィンペシアは1日あたり約30円※。
一方、フィンカーは約9円※になります。
※@通販さんの最安値パターンでの参考価格です。

この場合、フィンカーはフィンペシアのおよそ1/3の値段です。
例えば1年間飲み続けたとしたら、下記のようになります。

30円×365日=10,950円/年。
9円×365日=3,285円/年。

どうでしょう、かなり違いますよね?
長く続けるほどこの差は大きくなるので、もし10年もしたらその差は約7万円にもなります。

今のところ、フィンカーは最も安いフィナステリド錠と言われています。
「薄毛治療にあまりお金をかけられない」という方は、このメリットからフィンカーを利用するケースも多いようです。

違いを比べて自分に適した薬を

それでは、最終的にフィンペシアとフィンカーのどちらを使えばいいのでしょうか?

ここまでの内容を表にしてみました。
最後に、フィンペシアとフィンカーの違いをまとめて確認してみましょう。

フィンカー フィンペシア
効果/副作用

ほぼ同じ(服用量が同じ1mgの場合)

ほぼ同じ(服用量が同じ1mgの場合)

添加物

キノリンイエロー
不使用※1

キノリンイエロー
使用商品もある※1

飲み方

1錠を1/5ないしは1/4に分割して服用

1錠をそのまま服用

製造会社

インドのシプラ社

インドのシプラ社

国内認可

未承認

未承認

価格

約9円/日※2

約30円/日※2

入手法

・個人輸入代行サイト

・個人輸入代行サイト

※1.キノリンイエローについては別ページで詳しく解説しています。
※2.当サイトおすすめの「@通販」さんで最安値で購入した場合の参考価格です。

こうしてみると、同じシプラ社製の薬ということもあって共通点が多いですね。
大きな違いはやはり「飲み方」と「価格」になっています。

つまり、この2つから1つを選択する場合、「手間がかかるけれど、安いフィンカー」をとるか、「フィンカーよりは高いけれど、手間のかからないフィンペシア」をとるか、ということになるでしょう。

また、女性やこどもと同居されている方は危険があるので、フィンカーの利用は控えた方が安全です。

どちらを選んでも間違いではありません。
フィンペシアとフィンカーの違いをよく確認して、自分に適した薬で薄毛治療にのぞみましょう。

フィンペシア1mg(100錠)

4.7
  • 内容量: 1箱100錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で3月2日(金)に届きます。

1箱3,980円 カートへ
2箱7,960円6,527円 カートへ
3箱11,940円8,902円 カートへ

フィンペシア1mg(100錠)のご購入は、
上記の「カートへ」ボタンから決済画面にお進みください。

フィンカー5mg

4.5
  • 内容量: 1箱200錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で3月2日(金)に届きます。

1箱10,980円 カートへ
2箱21,960円19,874円 カートへ
3箱32,940円28,517円 カートへ

フィンカー5mgのご購入は、
上記の「カートへ」ボタンから決済画面にお進みください。