フィンペシアとプロペシアの違い 価格が安くても効果は同じ?

フィンペシアとプロペシアの違いは何でしょう?
フィンペシアの方が割安ですが、効果は違わないと言われています。
「効果が同じなのに安いなんて怪しい…。」こんな思いから、どっちを使えばいいか迷っている方も多いでしょう。
そうした疑問にも答えつつ、この2つの違いについて詳しく紹介します。

フィンペシアとプロペシアの違いは?

フィンペシアはAGA(男性型脱毛症)治療に効く育毛薬として、世界中で人気の薬です。

そして、プロペシアもフィンペシアと同じように、AGA改善効果を持つ育毛剤としてよく知られています。

「なんとかハゲを治したい!」こんなふうにお考えの方の中には、「フィンペシアとプロペシアの、どっちを使えばいいんだろう?」とお悩みの方もいるかもしれませんね。

そんな疑問に答えるため、このページでは「フィンペシアとプロペシアの違い」について詳しく紹介します。

成分や効果は同じ…?じゃあ何が違うの?

フィンペシアは「フィナステリド」という成分が主な有効成分になっています。
この有効成分には「5aリダクターゼ」という酵素を抑える作用があります。

そして、この働きによってAGAの原因物質である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の増加を防ぎ、ヘアサイクルを正常化します。

フィンペシアが薄毛治療に効く仕組みは以上のとおりです。

そして、プロペシアの主成分も、フィンペシアと同じ「フィナステリド」です。
フィンペシアとプロペシアには、錠剤の添加物などには少し違いがあります。
しかし、医薬品の添加物は「有効成分に影響を与えない」ということが大前提です。
そのため、プロペシアの効果はフィンペシアとほぼ同じと言えます。
※フィンペシアの詳しい効果は別ページ参照。

これは副作用などについても同様です。
※フィンペシアの詳しい副作用は別ページ参照。

フィンペシアの添加物については、以前「コーティング剤として使われているキノリンイエローが発癌性物質」という噂が流れました。

それを受けて「キノリンイエローフリー(使っていない)のプロペシアの方が良い」という

意見もみられましたが、現在その噂はデマだと判明しています。
※キノリンイエローについては別ページで詳しく解説しています。

ただ、いまだにその話を信じてプロペシアや、キノリンイエロー不使用のフィンペシアを選ぶ人もいるようです。

プロペシアの口コミや体験談には「プロペシアの方がフィンペシアよりも初期脱毛が軽い」という意見もみられますが、個人の感想に過ぎず医学的な根拠は全く示されていません。

それではフィンペシアとプロペシアはいったい何が違うのでしょう?

フィンペシアがプロペシアよりも安いのはなぜ?

フィンペシアとプロペシアの大きな違いとしては、まず価格があげられます。

一時期は「フィンペシアはプロペシアの1/10の値段で買える」とも言われていました。

今では、この2つの価格にそこまでの開きはありません。
しかし、それでもフィンペシアはプロペシアよりもずっと低価格です。

「効果が同じなのに安いなんて怪しい…。」こんなふうに考えて購入をためらってしまう人もいるかもしれませんね。

フィンペシアは、なぜプロペシアよりも安いのでしょう?

フィンペシアはプロペシアのジェネリック…ではない?

フィンペシアは一般的には、プロペシアのジェネリック医薬品として知られています。
フィンペシアがプロペシアより安いのは、これが理由です。

ジェネリックについてはご存じの方も多いと思いますが、「詳しくは知らない」という方もいるでしょう。

念のためジェネリック医薬品について説明すると、「特許が切れた新薬(オリジナル)を元に、同じ有効成分を同じ量使って作られた薬」と表現できます。
ざっくり言ってしまうと「コピー商品」ですね。
この際に、元になった薬は「先発医薬品」、ジェネリックは「後発医薬品」とも呼ばれます。
ここでは、プロペシアが「先発医薬品」、フィンペシアが「後発医薬品」となります。
一般的に新薬の開発には長い時間と多大な開発費用がかかるものです。
そして、そのコストは商品の販売価格に反映されます。
そのため、どうしても新薬は高価になってしまうのです。
一方「後発医薬品」は「先発医薬品」をベースに製造されるため、製造に関わる費用はずっと少なくて済みます。

価格の違いはこうした理由からくるものなので、「安いから効果が弱い」、または「安いから副作用の危険が高い。」ということにはなりません。

ただ厳密に言うと、フィンペシアはプロペシアのジェネリック医薬品ではありません。
なぜなら、フィンペシアが販売された時、プロペシアの特許期間はまだ残っていたからです。
したがって、その時点でプロペシアのジェネリックが存在しているのは、本当はおかしな話だったのです。

それでは、どうしてそんな状況が生まれたのでしょう?

プロペシアの製造会社はアメリカのメルク社(MSD)。
一方、フィンペシアの製造会社はインドのシプラ社です。

ポイントはシプラ社がインドの企業というところにあります。
インドでは2005年まで物質特許が認められていませんでした。
つまりインドでは、それ以前の医薬品に関して、作り方さえ違えば※コピーしても合法だったのです。
※製法特許(作り方の特許)は認められていました。

フィンペシアはこういった経緯によって生まれ、プロペシアよりも安いことから世界中で大人気となりました。

これはシプラ社からすれば合法ですが、メルク社の立場では「特許を侵害されて、利益を横取りされた」と言えるでしょう。

「フィンペシアがプロペシアの正式なジェネリックではない」というのは、こういった事情によるものです。

フィンペシアは国内未承認!購入は個人輸入代行サイトから

フィンペシアとプロペシアのもう一つの大きな違いには、日本での承認の有無がありま。

プロペシアは日本で認可を受けている医薬品です。
市販はされていませんが、クリニックで処方してもらうのは問題ありません。
つまり、入手方法はクリニックか個人輸入代行サイトからとなります。

一方、フィンペシアは日本では未認可の医薬品となっています。
国内では、ドラッグストアはもちろん、大手通販サイトであるamazonや楽天でも購入できません。
さらに、プロペシアと違いクリニックでも処方されません。
したがって、フィンペシアの現実的な入手方法は、海外医薬品の個人輸入代行サイトのみとなっています。

ただ、個人輸入代行業者の中には、偽物を売る悪質な業者もいるので気をつけましょう。

フィンペシアの購入方法については別ページで詳しく紹介しています。
気になる方はこちらをしっかりと確認して、悪質業者にだまされないように気をつけてください。

ところで、フィンペシアとプロペシアは主成分も効果も同じなのに、なぜ一方は認められていて、もう一方は未承認なのでしょう?

これは上記で説明したとおり、フィンペシアがプロペシアの正式なジェネリックではないためでしょう。

日本の医薬品に関する特許はアメリカとほぼ同じルールなので、当然の結果と言えるかもしれませんね。

つまり、フィンペシアが未承認薬なのは、「プロペシアと比べて、安全性が確認されていないから」ではないのです。

プロペシアからフィンペシアに切り替えるのはアリ?

薄毛治療は長く続けなければ、はっきりとした成果は期待できません。

最初はプロペシアを使っていたという人でも、その費用が重荷になってくることがあるでしょう。

「プロペシアからフィンペシアに乗り換えた」「プロペシアは高いのでフィンペシアへの切り替えを考えている」フィンペシアやプロペシアの口コミでは、このような意見も見かけます。

しかし、実際にフィンペシアに切り替えた場合、デメリットなどはないのでしょうか?

そんな不安を解消するためにも、プロペシアからフィンペシアへ切り替えた際の

メリットやデメリットについて確認してみましょう。

フィンペシアに切り替えるメリット

プロペシアからフィンペシアに切り替えるメリットは、なんといっても価格です。
というより、それしかありません。

しかし、それがことのほか大きいのです。
2017年にリクルートライフが実施した「薄毛に関する意識調査2017」というアンケートがあります。

引用元:株式会社リクルートライフ「薄毛に関する意識調査2017」。
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2017/10/RecruitLifestyle_HBA_20171012.pdf

この中にある「薄毛対策にかけても良いと思う金額」を見ると、男性の最高金額でも6,500円程度になっています。

これでは、プロペシアだけで精一杯というところですね。
薄毛治療はフィナステリドだけでなく、ミノキシジルや育毛シャンプーを併用すると、より高い効果が期待できます。

プロペシアからフィンペシアに切り替えると、その分だけ予算が浮くので他の育毛商品の併用も検討できるでしょう。

切り替えのデメリットは考えづらい

プロペシアからフィンペシアへ切り替えた場合にデメリットはあるのでしょうか?

結論から言うと、切り替えのデメリットは考えづらいと言えます。

なぜなら、先にも述べたとおり効果も副作用も変わらないからです。

プロペシアと比べた時のフィンペシアのデメリットは「日本で認可されていない薬という不安」、そして「コピーされた薬という不安」くらいでしょう。
これらのことから、「副作用が起きないか」、また「きちんと効果が出るのか」と心配に思う方もいると思います。

しかし、例えばプロペシアを1年間飲み続けて副作用が出なかったとして、そこからフィンペシアに切り替えて副作用が現われるでしょうか?
ちょっと考えづらいと思いませんか?

どんな薬でもそうですが、副作用が出るとしたら、初期の段階で現われる場合がほとんどです。
切り替えによって、プロペシアでは起きなかった副作用が発症する可能性は低いと言えるでしょう。

また、効果についても主成分が同じ「フィナステリド」である以上、効き目は変わらないはずです。

もしも、フィンペシアに切り替えて効き方が変わるとしたら、添加物(主成分以外)が主成分の効果を阻害しているということになってしまいます。

ですが大前提として、添加物は「薬を飲みやすくする」などの補助的な役目を担うものです。
そのために、メインの効果に悪影響を与えるなんてことがあるでしょうか?

ましてやフィンペシアを製造しているのはインドでトップクラスの製薬会社であるシプラ社です。
そんな初歩的なミスを起こすはずがありませんよね。
したがって、切り替えによって効き目に違いが出る可能性も、あえて心配するほどではないはずです。

そうすると、やはり「切り替えのデメリット」は考えづらいと言えるでしょう。

ただし、フィンペシアが偽物だった場合は別です。
フィンペシアの偽物については別ページで詳しく紹介しています。
ぜひ参考にして、だまされないように気をつけましょう。

フィンペシアとプロペシアは結局どっちがいいの?

フィンペシアとプロペシアは、結局どっちを使えばいいのでしょうか?

最終的な選択にあたって、ここまで紹介した内容を元に、主な違いについて下記にまとめてみました。

プロペシア。
フィンペシア。
効果。
同じ。
同じ。
副作用。
同じ。
同じ。
添加物。
キノリンイエロー不使用※1。

キノリンイエロー使用の商品もあるが、問題なし※1。
関係性。
オリジナル(先発医薬品)。
コピー(後発医薬品)。
製造会社。
インドのシプラ社。
アメリカのメルク社。
日本での認可。
承認されている。
承認されていない。
価格。
1日あたり約219円※2 。
1日あたり約30円※2。
入手法。
クリニックor個人輸入代行サイト。
個人輸入代行サイト。
※1.キノリンイエローについては別ページで詳しく解説しています。
※2.当サイトおすすめの「あんしん通販薬局」さんで購入した場合の参考価格。

どちらでもOK!不安な人はプロペシアから

上記の表を見ても分かりますが、フィンペシアとプロペシアの選択は「価格と安心のどちらをとるか?」という話になります。

「国内で未承認のフィンペシアはどうしても怖い…。」という方はプロペシアからはじめても良いでしょう。

逆に「とにかく安い方がいい!」という方はフィンペシアで決まりです。

基本的に効果や副作用は同じなので、フィンペシアとプロペシアのどちらを選んでもOKです。

自分に合った薄毛治療を

フィンペシアとプロペシアの選択に限らず、「自分に合った薄毛治療を選ぶ」ということが重要です。

例えば、経済的に余裕があれば、プロペシアで治療にあたるのも正解です。
フィンペシアで予算は浮かせて、ミノキシジルや育毛シャンプーを併用するのもいいですね。
はたまた、最初はプロペシアからはじめて、後からフィンペシアに切り替えるのもおすすめです。

自分に合わない方法では、結局どこかで無理が生じて長続きしません。

自分に最適な治し方で薄毛治療に臨み、満足のいく結果が得られるよう頑張りましょう。

フィンペシア1mg(100錠)

4.7
  • 内容量: 1箱100錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: シプラ
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

2箱 7,960円 6,527円
3箱 11,940円 8,902円

フィンペシア1mg(100錠)のご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。

プロペシア1mg

4.8
  • 内容量: 1箱28錠
  • 有効成分: フィナステリド
  • 製薬会社: メルクシャープアンドドーム
  • 決済方法: カード銀行振込ビットキャッシュ
  • 配送方法: 自宅郵送、郵便局留め可
  • 在庫: あり

本日注文すると最短で1月24日(水)に届きます。

2箱 14,760円 13,358円
3箱 22,140円 19,167円
5箱 36,900円 30,598円
7箱 51,660円 42,207円

プロペシア1mgのご購入は、
上記の「カートにいれる」ボタンから決済画面にお進みください。